2008年05月19日

今更だけどGWアレコレ

最近ちょっと忙しくて更新サボってしまいました、サーセン
そんな訳でここ2週間ほどの動向をまとめて更新、長くなるので2回に分けます

・5月4日
オフスレを見ていたところ川崎で企画があったので初参加
色々あったけど・・・とりあえず幹事が無いわ
参加者がほとんど常連というか顔見知りだった事もあるんだろうけど
待ち合わせが改札前で改札が2つある事に気づいた後もスレへの書き込み無し
待ち合わせ時間過ぎても予定していた人数が集まらなくて
結果的には遅刻だったけど移動後にスレに会場に移動しましたと書き込み、普通に考えたら遅すぎ
料金プランも把握してない、しかも明らかに自分と弟は多く払わされた
もちろん抗議したけどスルー、カウンターで確認すれば良かったと後悔
詳しく書くと最初5人いて予定していた11:00〜翌5:00のプランは\2280、会員料金は\2050
しかし弟は18未満なので〜20:00までのプランにして会員だから\880のはず
未会員は一人だけ、んで請求された金額は9000円台でした
まぁ普通に考えたら自分と弟合わせて3k出せば足りるはずが一人2k要求
つーか2050×5だったとしても請求額1万超えるんだから
それはおかしいでしょと文句言ったんだけど聞く耳持たなかったようです
小学生の計算も出来ないのかコイツ・・・そんな訳で最初から印象最悪
終わってもみても印象変わりませんでした
他の常連というか参加者は良い人ばかりだったんですけどねぇ、残念
幹事がダメだとオフとしてダメな典型的な例になってしまったなぁ・・・
割と身内色が強かったのでいっそのこと今の自分らみたいに募集かけずに
携帯とか自分たちのネットワークで連絡取り合って身内オフやってればいいじゃないかなー

今回の件でつくづくお金ってトラブルの元になるし大事なんだなって思いました
身内ならちょっとした額なら全然気にならないけど初対面ですしね
その辺きっちり出来ない人に幹事やる資格は無いんじゃないかな
とりあえず横浜近郊スレの笛吹(キャラ名 N:M)ってコテが主催のオフに参加するのはやめておいた方がいいですよと明言しておきます
つか割と自慢話が多くて俺TUEEEに近いタイプなので近寄らない方が無難です
今思えばスレで抗議すれば良かったかな・・・
って思ってたら秋葉スレでも名前が挙がる辺りどこ行っても同じ調子なんだろうなー


・5月5日
08_5_5.JPG08_5_5_2.JPG08_5_5_3.JPG
高校時代の友人5人と会う約束をしていて1年ぶりくらいに再会
どこに行ったかというと箱根ユネッサン、厳密に言うと施設の一部である森の湯
後から知ったけど箱根に決めた理由とか勢いだったそうで超強行軍でしたw

8時に戸塚に集合して友人の車に搭乗、車が5人乗りだったので一人はバイク
西湘バイパスを使って一路箱根へ
GW中でこの日だけ天気悪くて曇ってたのが残念だけど海沿い走るのはやっぱり気持ちいい
箱根口で降りてまずはコンビニで休憩
コンビニでユネッサンへの道を確認する辺りが今回の無計画っぷりを感じさせますw
ここで問題が発生してバイクの友人の携帯がイカれたらしく
こっちの声は聞こえるらしいけど向こうの声がほとんど聞こえないという事態に
仕方が無いので交代で誰かが後ろに乗って連絡役になることに・・・
ユネッサンへは10kmちょっとくらいの道のりですが山道で一車線なので結構時間かかりました
着いたのは11時くらいだったかな
檜風呂とか樽風呂、露天風呂に浸かって最後はサウナ
疲れ取るつもりだったけどあまりに長く湯に浸かっていたせいで逆に疲れた罠w

14時くらいに出発しましたがここからが長かった
一本道で下りなのでありえないほどの渋滞が・・・
結局箱根湯本までの10kmほどの道を降りるのに2時間くらいかかった罠
来たときに使ったコンビニでバイクの友人と合流
流石にバイクは早かったらしく1時間以上は待ったそうな
帰りは自分がバイクの後ろに乗ることに
バイクに乗るのが初めてなのと西湘バイパス走ってるときは横風が強かったので
ちょっとビクビクしてたけど慣れると気持ちいいなコレ
つか掴まり方とか知らなかったのでバイクを足でガッシリ固定して手は友人の脇腹に添える程度だったのですが
あとから存在感が無くてどこかで落ちたんじゃないかと心配になったと言われましたw
途中平塚のガストに寄って遅い昼飯、むしろ早めの夕食をとった後戸塚へ
そのままカラオケ入って皆で熱唱
結局帰ったのは23時過ぎ、箱根って疲れ取るために行く場所だと思ってたけど全くの逆でしたw
楽しかったから全然いいけど大学生のノリには自分の体はもう付いていけないんだぜ・・・
posted by 飛翔 at 13:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。